【パチスロ新台】北電子、ボーナス+ARTと、沖スロの2機種をリリース

北電子はこのほど、パチスロ機の新機種「パチスロヘルシング」と「ワイワイマハロ-30」の2機種をリリースした。

前者は、少年画報社の月刊誌「ヤングキングアワーズ」で約10年間連載された平野耕太氏原作の同名漫画がモチーフ。吸血鬼の闘争を描いた独特の世界感が人気を博した作品だ。スペックは、ボーナスとARTが融合した仕様で、このうちART「ミディアンゾーン」は、1ゲーム純増約1.4枚、1セット30ゲーム+α&バトル約10ゲームという構成。ARTゲーム数消化後は約10ゲーム間の継続バトルが始まる。またボーナスの獲得枚数は、BB約204枚、RB約48枚となっており、BB中はカットイン演出が発生することで、ART突入の期待度が上昇する。ゲーム数の上乗せ特化ゾーンも搭載されている。

一方の後者は、同社の沖スロタイトルであるマハロシリーズの最新作。鮮やかなピンク色に覆われた筐体を採用した新機種のスペックは、ボーナスで出玉を増やすシンプルな純A仕様で、BC(ビッグチャンス)が最大312枚、BG(ボーナスゲーム)が最大130枚獲得できる。ボーナスの告知アクションは、前作の全36種類から全54種類にボリュームアップ。フリーズ機能も3種類搭載されている。またボーナス告知音の有無を選択できるモード選択機能に、約1/4確率で告知音が発生する「ナルかもモード」が追加されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.