【パチスロ新台】液晶を搭載した新生「ビンゴ」が登場

撮影に臨む国本社長(右から2人目)と神農統括本部長(同3人目)

4号機時代、高い出玉性能を持つAT機として人気を得た「スーパービンゴ」の基本的なゲーム性を引き継いだ新機種「スーパービンゴネオ」のプレス発表会が7月23日、都内の同社ショールームで開催された。

4号機時代のビンゴを知る知らないに関わらず、目押し不要の分かりやすいゲーム性で設計された新機種は、1ゲーム純増約2.8枚、1セット33ゲーム継続するAT機。

液晶や役モノアクションといった、これまでのビンゴシリーズにあった印象を一変する多彩な演出に加え、ゲーム数の上乗せや、継続率抽選で連チャン性を発揮する仕様になっている。

同社の国本籍雄社長は、「新生ベルコの製品として自信を持って紹介できる。実際に見た人には、液晶とギミックを新たに搭載したことで、想像以上の出来栄えとの言葉も得ている」と新機種をピーアールした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年11月号

主な記事:

インターネット投票で伸張する公営競技のV字回復顕著に
新型コロナ禍が拍車を掛ける「パチンコひとり負け」の構図

仕様の周知や運用など様々な課題も浮き彫りに
遊タイム各仕様で出揃う 市場への普及急速拡大へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.