【パチンコ・パチスロ新台】「リング」最新作が登場

藤商事は6月11日、パチンコ新機種「CRリング 運命の日」、パチスロ新機種「リング 呪いの7日間」のプレス発表会をザ・リッツ・カールトン東京で開催した。

パチンコ「CRリング 運命の日」は、2011年にリリースし、同社の人気コンテンツとなっている「CRリング」シリーズの最新作。新枠「エアーキャノン」を採用し、風と音、光によって前作以上の恐怖感と期待感を演出している。スペックは大当り確率1/390、確変突入率100%、ST84回、ST継続率81%となっており、ST回数と継続率が前作よりアップしている。

一方、「リング 呪いの7日間」は、1Gあたり純増約3.0枚、1セット40G+αのAT「呪縛RUSH」を備えた高純増AT機。7図柄揃いから始まる0G連のゲーム数上乗せ特化ゾーン「貞子ATTACK」と、リプレイ以外を引けば「絶恐乱舞」と「呪縛RUSH」のWゲーム数を上乗せする「絶恐乱舞」の2つの上乗せ特化ゾーンを搭載しており、「呪縛RUSH」と2つの上乗せ特化ゾーンをループすることで期待感と恐怖感を持続する。

発表会で松元正夫副社長は「前作の反省点を踏まえ、ゲーム性豊かな面白い演出に仕上がっている。開発にあたっては変更を積み重ね、経営者も商品作りに携わった自信作」と新機種をアピールした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.