【パチンコ新台】北斗の拳シリーズの最新作「拳王」が登場

サミーは9月17日、都内文京区のプリズムホールで「ぱちんこCR北斗の拳6 拳王」のプレスミーティングを開催した。

北斗の拳シリーズの最新作で、スペックは大当り確率約1/394.8、確変突入率80%、時短20or40or60回転、大当りは4or16ラウンドとなっており、「剛掌」「覇者」を継承。「覇者」で採用されたゼロアタッカーも搭載した。64GBロム採用による演出面のスケールアップも特徴で、新たにキャラクターデザインを書き下ろしたほか、登場キャラクター数はシリーズ最多となっている。

プレスミーティングの冒頭で挨拶した執行役員クリエイティブオフィサー研究開発本部副本部長の田中宏孝氏は「普遍的なものはしっかりと残し、その中に新鮮さを取り込んでいく」という同機のコンセプトについて言及。ファンから評価されている「確変80%ループ」「16R大当りの出玉2,400個」というスペックを引き継ぎ、液晶演出と役物ギミックのスケールアップで新鮮さを提供していきたいとした。

続く機種プレゼンテーションでは営業本部営業企画部遊技機広報グループの山口智行氏と古川恵美氏が登壇。スペックの詳細を紹介したほか、モニターで注目のリーチを放映。進化した液晶演出の完成度をアピールした。

ゲストステージでは現役のボクサーでありながらタレントとしても活躍する高野人母美さんが登場。「右カウンターを食らったような衝撃を受けた」と、ボクサーならではの表現で実機を試打した感想を述べたほか、ケンシロウの代名詞である「北斗百裂拳」に挑戦。原作では「9秒間に100発の拳を放つ」とされているが、遊技機広報グループの山口氏を相手に10秒間で122発の拳を打ち込み、会場を盛り上げた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

10月のホール企業採用熱、過去5年の同月比で一番高い数値に

2019/11/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.