2022.8.1

【地域レポート】JR山手線・鶯谷駅周辺

ピーク時の6店舗から3分の1に減少

業況悪化の長期化は確実に都内のホールにも打撃を与え、各路線で多くのホールが閉店に追い込まれている。都心を走る環状線・山手線でも乗降客の少ない駅周辺では市場が半減し、かつてパチンコ店だった場所が他の商業施設にとって変わられている。ピーク時には6店舗のホールが営業を行なっていた鶯谷駅周辺も現在は3分の1にまで落ち込んでいる。

続きを読むには有料会員
会員登録が必要です。