2022.7.12

【機種評価コラム】6.5号機の正しい見方

6.5号機が市場に続々とデビューしている。これから8月、9月と大型タイトルを含め、数多くリリースされる予定だ。

いまホールを視察すると、ファン向けのメッセージとして、いくつかのアピール手段が見受けられる。代表的なところをピックアップすると、

① 当たるまでの打ち込み(吸い込み)を当たった際に上乗せして放出する部分を“顕著化した”グラフにしているホール

② 上記と同様に、当たるまでの打ち込み(吸い込み)を当たった際に上乗せして放出“できることになった”と文字で説明しているホール

主に上記のどちらかに分類されるケースが多かったと思われる。ファンに伝える方法なので、文字でもグラフでもいいのだが、ひとつ気がかりな点がある。

それは①のケースだ。

続きを読むには有料会員
会員登録が必要です。