タバコの扱い銘柄、なぜ少ない

社会的にタバコの煙対策が求められるなかで、禁煙フロアを採用するホールが徐々に増えている。分煙を行う際、島単位の「禁煙コーナー」設置が主流だが、受動喫煙を避ける効果は十分でない点もあり、今後はフロア単位の分煙に少しずつ移行することになるのだろう。ただ、この流れが完全禁煙に向かうかといえば話は別。周知のように、パチンコファンの喫煙率が社会全体の平均と比べて格段に高いからだ。完全禁煙を採用する店舗もあるが、多くはドミナント出店しており、喫煙客を取り込むグループ店が近くにある場合が大半を占める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

ホール企業の9割超が増収果たせず 帝国データバンク調べ

2018/12/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.