2022.11.18

パチンコ参加人口、市場規模ともに回復せず 致命的な「参加希望率」の低水準推移.VOL1

「参加率」下回る「希望率」参加人口減の流れ止まらず

日本生産性本部は10月25日、「レジャー白書2022」のプレス向け説明会を都内で開催し、2021年のパチンコ参加人口が前の年から10万人増の720万人だったことを明らかにした。1000万人の大台を割り込むのは6年連続。かつての「パチンコファン3000万人」といわれた頃との比較でいえば、4分の1程度の水準での横ばいとなった。

レジャー白書におけるパチンコ参加人口は、1990年代の半ばまでは3000万人前後で推移していたが、90年代後半に一気に2000万人のラインまで急落。その後は一進一退を繰り返しながらの下落基調が続き、特に2009年の1720万人から4年連続で減少した結果、2013年には大台を割り込む970万人まで減った。翌2014年には1150万人に回復したものの、2015年からは再び減少傾向に転じ、2016年以降は1000万人のラインを下回ったままの推移が続いている。

続きを読むには有料会員
会員登録が必要です。