プレミアムフライデーに立ちはだかる広告規制の壁(遊技通信2017年4月号)

普及すればアイドルタイムの稼動に好材料も、現状では「影響なし」の声多数
 
2月の最終金曜日となった24日、仕事を早く切り上げて余暇の充実を図る「プレミアム・フライデー」の導入がはじまった。おおむね午後3時頃の退社が呼びかけられていたこともあり、業界にとっては、いわゆるアイドルタイムと呼ばれる時間帯の稼動上昇が期待されるところだったが、給料日直後の週末というプラス要因を除けば、「特に影響は感じられなかった」(ホール関係者)というのが大方の感想だ。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日11月理事会全景

全日遊連 高射幸性機の設置比率に関する自主規制を一部変更

2018/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.