2022.9.27

人間ドラッカー超入門①  ピーター少年を育てた大人たち

ピーター・ドラッカーは、「マネジメント」という言葉を作り出し、概念化と体系化を成し遂げた文字通り「マネジメントの父」である。今回から彼の魅力ある人物像と膨大な思想の全体像に光を当てながら、より身近にドラッカーを感じ、その深みを味わうことを目的にこの連載をスタートさせたいと思う。

まずは、筆者とドラッカーとの接点について述べておきたい。今から30年以上前、大学院の博士課程で経営学を学んでいた頃の話である。多忙な指導教授に代わって行動科学のゼミナールの指導をしていた。正規のゼミナールの授業のほかに、サブゼミと称して週2回の補講が行われ、そのサブゼミのテキストとして、毎年ドラッカーの著作を取り上げていた。指導する立場から必然的にドラッカーの著作を精読せざるを得ない状況に追い込まれ、自身の研究テーマとは別に彼の著作に日常的に触れることになった。

この大学院時代の貴重な経験は、ドラッカーがいみじくも自らを社会生態学者と呼んだように、生身の人間によって構成される社会的機能という視点から企業を捉えることの大切さを知る契機となった。そして結果的には、そのことが学者としての道ではなく、コンサルタントとしての道を選ぶ遠因にもなった。言うなればドラッカーは筆者にとって人生の恩人でもある。新連載を始めるにあたって、ドラッカーの名前が出た時に、迷うことなくお引き受けしたのはこのような背景があったからである。この執筆の機会を頂いたことに感謝している。

続きを読むには有料会員
会員登録が必要です。