依存(のめり込み)対策として考えたいこと

行政当局はこのところ、「のめり込ませない対策」と「のめり込んだ人に向けた対策」の2本立てで臨んできています。それに対して業界団体の対応は鈍く、消極的だと感じている行政当局は苛立っています。

後者は医学的プログラムの充実なりで一応の解決はできそうですが、課題は前者だと思います。現在の収益を維持しながら、のめり込ませない環境を整備するのは容易ではありません。講話などで繰り返されているように、『数千円で数時間遊べる』環境こそが娯楽として望ましい姿だと考えられているわけで、遊技料金の引き下げすら企図しているようにみえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日会見03WEB

全日遊連阿部理事長、ATM撤去の難しさ説明

2019/3/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年3月号

2019-3
主な記事:

ホールの人手不足を加速させる採用難と離職増のダブルショック

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年2月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.