初鹿議員が回収対象遊技機について2度目の質問主意書(遊技通信2016年12月号)

「検定機と性能が異なる可能性のあるぱちんこ遊技機」問題の原因や責任を追及する質問に内閣があっさりした答弁
 
民進党の初鹿明博衆議院議員が10月27日、「ぱちんこ遊技機の不正改造問題に関する質問主意書」を提出し、これに対して11月4日、内閣が答弁書を出した。初鹿議員が「検定機と性能が異なる可能性のあるぱちんこ遊技機」について質問主意書を提出するのは今年1月19日の「不正パチンコ台の撤去に関する質問主意書」に続いて2度目。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

全日遊連 高射幸性パチスロの設置比率規制の再検討へ

2018/11/1

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年11月号

2018-11
主な記事:

必要となる高射幸性機の取捨選択、画一化がさらに進行か
高射幸性機の15%期限迫るなか6号機の市場導入がスタート

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年10月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.