2022.8.1

加速する「遊技産業ひとり負け」の構図 VOL.1

設備投資負担が重い改正遊技機規則の経過措置期間にコロナ禍の直撃を受け、それまでの悪化傾向に拍車を掛けた遊技産業。他のサービス業との比較でも「ひとり負け」の様相を呈している。複数のホール関係者に話を聞くと、その主因はやはり遊技機を取り巻く環境の悪化。一方では、「規制強化の流れにだけ文句をつけても埒は開かない。規制内で何をするのかの模索が必要」との指摘もあるが、この足元の課題を解決できない限り、先に進めないという声も少なくない。
 
 

続きを読むには有料会員
会員登録が必要です。