加重処分は取り消し請求が可能に(遊技通信2015年4月号より)

パチンコ店の営業停止訴訟で最高裁が判断

北海道函館市のホール企業が、道公安委員会による過去の営業停止処分に手続きミスがあったとして、処分取り消しを求めた訴訟の判決で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は3月3日、一度処分を受けると次の処分がより重くなるケースでは、裁判で門前払いにならないとする判断を示し、処分の適否をあらためて審理するよう札幌地裁に差し戻した。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.