回収機問題に一応のメド 旧基準機の比率問題は迷走(遊技通信2017年3月号)

旧基準機再設置の動きも  中古機流通協議会は旧基準設置比率50%超ホールへの中古機流通を留保
 
いわゆる回収機問題を話し合う業界9団体による連絡会議が1月26日に開催され、日工組及び全商協による回収状況確認作業の結果が報告された。
 
それによると、回収対象遊技機を昨年末の期限までに撤去しなかった営業所は、1月6日時点で神奈川県の1店舗12台と大阪府の1店舗224台だった。このうち、神奈川県の店舗は1月中旬に撤去し、残りは大阪府岸和田市の1店舗となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日11月理事会全景

全日遊連 高射幸性機の設置比率に関する自主規制を一部変更

2018/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.