回収規模の話+「遊技通信」1月号トップコラムの補稿

遊技くぎに関する一般報道が12月24日、読売新聞と毎日新聞でなされました。両新聞とも内容に大差はなく、これまでの経緯を紹介しつつ、回収規模は『数十万台』としています。一方、26日のしんぶん赤旗では、機構の遊技機性能調査の結果などを引き合いにだし、検定基準を満たす機種は1台もなく、国内に置かれている295万台のパチンコ台のほぼすべてが法令違反状態である可能性がある、などとしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

日遊協とDMMで総合健康保険組合の設立へ

2018/9/18

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年9月号

2018-9
主な記事:

浸水被害は12店舗、水没したホールは未だ営業再開できず
西日本豪雨 ホールにも甚大な被害

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年8月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.