型式試験の年間適合率が50%割れ(遊技通信2017年2月号より)

遊技くぎ問題への対応でぱちんこの適合率が急落
 
保通協が1月4日に昨年12月の型式試験の統計を発表し、2016年のデータが出揃った。これによると年間適合率は、ぱちんこが前年の75.1%から46.2%に大幅下落し、回胴式は前年の43.2%と同水準の40・3%となった。双方が適合率50%を割り込んだのは、現行規則下では初めてとなる。
 
ぱちんこの適合率下落は周知の通り遊技くぎ問題が要因。対応が求められた15年下半期から月別の適合率が減少しはじめ、16年は年間を通じて低迷し、2年前まで維持していた80%前後と比べると半減近くにまで落ち込んだ。適合率の下落に伴い、適合機種数は前年比24%減の396機種に留まっている。
 
一方、回胴式は適合率に変化はなかったものの、申請数が増加したことで適合機種数は同20%増の300機種となった。
 
いずれのジャンルも適合率50%を下回ったことで懸念されるのはメーカーのコスト負担増。申請には1型式あたり150万円前後の費用が掛かる。昨年は適合の遅れにより販売スケジュール変更を余儀なくされたケースもあり影響は大きい。以前との比較では同水準の回胴式も、新基準機の販売台数減少でコストの見直しが求められてくるはず。これまで行政が適合率の低さに懸念を示すケースがあったが、適合率低迷によるコストとリスクにどう向き合うのか、経営的な観点での対応が必要になってくるのかも知れない。 
 
PDF 23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

経営者研修会全景

都遊協が遊技場経営者研修会

2018/10/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.