大改正する民法、『約款』の規定を追加

今国会で、民法を改正する動きがあるのをご存知でしょうか。
 
民法は市民生活でのトラブルを未然に防いだり、トラブルが起きた際に解決する法律ですから、とても重要なものです。しかしながら民法は明治時代に制定されたもので、現代にそぐわない不合理な内容が多いことや条文の表現が難解であることなどが、以前から指摘されていました。そこで、約120年ぶりという大改正を行なうこととなったわけです。ニュースでは敷金の返還規定を設けたことを話題としているようですが、むしろ『約款』の規定を新たに加えたことのほうが大きなポイントだと思います。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

警察庁外観

遊技場数が大幅減 業容縮小に拍車

2019/3/8

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年3月号

2019-3
主な記事:

ホールの人手不足を加速させる採用難と離職増のダブルショック

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年2月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.