新台パチスロ販売の苦境続く(遊技通信2017年4月号)

ホール需要が低迷する一方、供給タイトル数は大幅に増加

低迷するパチスロ新台の販売状況を受け、苦境に立たされるメーカーが増えてきている。今年に入り、各社とも矢継ぎ早に新台をリリースし続けているが、その多くが販売目標に届かないばかりか、メーカーによっては、「今は予定していた台数の半分いけば御の字」(関係者)という状態ですらある。大手メーカーとてその例外ではない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日遊連 高射幸性回胴式遊技機の設置比率を再設定

2019/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.