新機種不足を補う旧台の再設置が増加

先日、渋谷を訪れる機会があり、エリアのホールを視察したのだが、目立ったのが、旧台の導入による入替。パチスロが顕著で、、視察当日に数店舗を見ただけでも北斗転生、ゴッド神々の系譜、獣王、バジリスク2、バイオハザード5など、初期導入から一定の期間が経過し、市場全体では旬が過ぎたと判断されている多くの機種の再導入が告知されていた。旧台を設置するバラエティコーナー全体を新機種と同じ18時オープンとし、バラエティの再活性化を図るかたちで利用するケースもあった。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲11

11月の採用意欲、例年よりも低い水準で推移

2018/12/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.