新流通制度 割に合わない実務に不満の声(遊技通信2016年9月号)

「部品交換」の実務作業や点検確認作業の「料金設定」を求める意見が挙がる
 
7月に行われた回胴遊商の地区研修会で質疑応答の際に、組合員からこのような質問が投げかけられた。
 
「例えば、3000円の部品を交換する場合があるとする。我々は仕入れ差額で1割とか1割5分とかの利益があるが、3000円の部品を(交換するのに)深夜に車を走らせてホールに行って、閉店後に取り替えるが、3000円の部品で、儲けが300円しかもらえないことになる。これが新流通制度の実態ではないかと思う。なかには自分が売った機械ではないものの修理対応になったりするケースもある。できれば業界団体で日電協、日工組、全商協を巻き込んで特定部品の修理対応に関して一定の費用のルール化をしてもらいたい」
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

12月のホール企業採用熱、直近5年の同月比で最高値を記録

2020/1/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年1月号

主な記事:

PSともにゲーム性の拡がりを模索、来年早期の市場投入目指す仕様も
新規則機に示された7つの要件 市場環境に加わる新たな変革要素

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.