日工組が下限確率1/320の「申し合わせ」(遊技通信2015年4月号より)

のめり込み対策のメーカー団体としての姿勢打ち出す
射幸性の上限への影響は不透明も実効性求められる展開に

日工組は3月上旬、パチンコ機における大当り確率の下限を現行の1/400から、一気に1/320とする申し合わせを行った。また、初回の大当りの獲得遊技球数の下限値を設け、最も多い出玉を獲得できる大当りの1/3以上、かつ600個以上とした。2つの条件を満たさない機種の販売は10月31日まで。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチンコ、パチスロともに保通協適合率が微増

2019/11/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.