日工組が内規変更で現行基準機の改善へ(遊技通信2017年3月号)

「実質○ラウンド大当り」の分かりづらさ改善へ 短時間遊技実現に向けた「ハヤブサプロジェクト(仮称)」も始動

 
警察庁は2月1日、遊技機規則における技術上の規格の解釈基準について、一部改正を行った。
 
改正では、現行のぱちんこ機における、いわゆる「特図1」「特図2」で振り分けが異なる機種での平均ラウンド数の計算方法を変更。これまでは平均ラウンド数は算出できないとして最大ラウンド数があてはめられていたが、新しい解釈基準では特図1と特図2とでそれぞれ平均を算出し、その大きい方をあてはめることとした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日11月理事会全景

全日遊連 高射幸性機の設置比率に関する自主規制を一部変更

2018/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.