日工組が遊技機の多様化に向け8項目の具体案(遊技通信2015年5月号より)

参加人口3000万人時代の中心軸? 「同時期に市場に提供し活性化につなげる」

日工組は3月30日に開催された遊技産業活性化委員会で、のめり込み対策の一環として行う射幸性を抑制する申し合わせとともに、多種多様な遊技機の提供に向け、8項目の遊技機スタイルを提案、報告した。これらの項目に該当する遊技機を各メーカーが選択して開発し、これを同時期に市場投入すること活性化を図っていくとしている。
  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.