旧基準パチスロの中古導入続く(遊技通信2016年10月号)

  • 2016/10/26

12月1日の設置比率50%以下には目途も、さらなる進捗は足踏み
 
今年12月1日の時点で、AT・ARTをサブ基板制御する旧基準パチスロ機の設置比率目標は50%以下。すでに今年半ばには、その目標数値がおおむね達成されそうな見通しが示されいる。しかしここにきて、旧基準のパチスロAT・ART機を中古市場で調達するホールが相次いでおり、来年12月1日の設置比率30%以下に向けた進捗は、やや足踏みしそうな様相だ。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.