業界企業が続々と福祉事業に参入  パチンコ全盛期のファン、団塊世代が顧客(遊技通信2015年9月号より)

ホールを離れたかつてのファンに改めてパチンコの楽しさを提供
 
ここ数年、業界企業が高齢者を対象にした福祉事業に参入するケースが増えている。1940年代後半〜50年代に掛けて生まれた団塊世代が65歳以上となったことで、福祉事業は少なくとも今後10年間は拡大していく成長産業であることが要因の一つに挙げられる。外食産業のワタミが00年代に福祉事業に参入し、今や業界大手にまで成長したように、他業種からの参入が相次いでおり、遊技業界もその一つというわけだ。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.