機構の中間報告で並記された「ほど遠い」状況と「改善の兆し」(遊技通信2015年9月号より)

 本来の着地点は行政が促す「少額、短時間で遊べる遊技の創設」
「ほど遠い状態」受け猶予期間内でも行政通報を示唆
 
遊技産業健全化推進機構がぱちんこ機における一般入賞口の入賞状況をチェックする遊技機性能調査をスタートさせて2カ月が経過した8月3日、機構からその中間報告がリリースされた。早期の改善を促すため、当初の予定より1カ月前倒しして公表に踏み切ったものだ。
 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチンコ、パチスロともに保通協適合率が微増

2019/11/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.