沖縄県のスロ専割合は激減している?!

平成26年末の遊技場軒数・遊技機設置台数が発表され、軒数が266軒減少の11,627軒で、台数は36,251台減少の4,575,463台ということになりました。いまさらなにを、っていう話ですが、パチンコ機の減少分をパチスロ機の増加がカバーしきれずに総台数は減少したわけです。結果として、1店舗あたりの設置台数はさらに伸長して393.5台にまでなり、『大型化』というキーワードは継続中ということになっております。

これだけだとフツーの分析で終わってしまうので、ひとひねりしてみます。
 
今回注目したのは沖縄県、言わずと知れたパチスロ王国です。パチスロ機の設置割合は群を抜いて高い割合を維持しているのですが、回胴式専業店(いわゆるスロ専)に目を向けてみると興味深い状況があります。平成6年には全国のスロ専割合がわずか3.52%だったのに、沖縄県においてはは28.57%もあったのです。それが20年後の平成26年でどうなっているかというと、全国が8.79%と増加しているのに対して、沖縄県では6.41%と激減しています。それからもうひとつ面白いデータが、パチスロ機の設置台数です。全国では、平成6年に695,782台だったパチスロ機は26年には1,635,583台となっていて、実に939,801台もの増加となっています。一方沖縄県では、6年で14,348台でしたが、26年でも17,623台にしかなっておらず、3,275台の増加にとどまっています。

想像の域は超えませんが、沖縄県はパチスロ機市場はすでに飽和状態にあって、他県からの流入もない状況では台数が増加する余力があまりなかったのではないでしょうか。そしてスロ専に関しても、20年間の増減で見ると総数の34軒減に対して、スロ専は27軒減となっていることから、パチスロだけでの営業に限界があり、パチンコとの併設店へと切り替えが進んだと見るべきかもしれません。
 
とまあ、こんなふうに細かく見てみると、ただの数値が面白くなってきますね。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.