特許検索の勧め

遊技機メーカーを中心に業界内で特許取得争いが激化している。特許は出願後1年半が経過すると内容を公開する出願公開が行われるが、今年に入り2月中旬までの出願公開件数から、その激化具合が窺える。ある知財関連ポータルサイトの全業種の集計によると、業界でトップとなるSANKYOの公開件数は11位。同社より上位にはキャノン、パナソニック、トヨタなど、日本の製造業を代表する社名が並んでいる。これだけで、業界が特許取得にいかに力を入れているかが分かる。このほか、業界内では16位に三洋物産、京楽産業.が25位、大一商会が33位と続いている。わずか2カ月弱のデータだが、多くの企業が昨年を上回るペースとなっている。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日会見03WEB

全日遊連阿部理事長、ATM撤去の難しさ説明

2019/3/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年3月号

2019-3
主な記事:

ホールの人手不足を加速させる採用難と離職増のダブルショック

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年2月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.