社会的不適合機撤去となにが違うのか

昨年4月号の本誌コラムで「社会的不適合機撤去の想起は杞憂か」と書いたのですが、散々に批判されました。しかしながら現実は、20年前の社会的不適合機撤去よりも厳しい結果になってしまったのではないでしょうか。
 
当時と今では状況が異なるとの反論もあるでしょうが、それは業界側の理屈であって、行政側の立場にたって状況判断することが重要なのだと考えます。1年半前にも同様のことを書いたつもりでしたが、未熟な文章のせいか、十分に理解していただけなかったのかもしれません。
  
11月号の本誌コラムで、少しばかり論考してみます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.