第3次リスト機はほぼ回収(遊技通信2017年2月号より)

日遊協会見で「残っているのは関西の1店舗約200台」と報告
 
昨年12月末が回収期限となっていた検定機と性能が異なる可能性のあるぱちんこ遊技機の第3次回収について、1月12日の日遊協の記者会見で、「きっちりとした数字はまだでていないが、回収対象遊技機が残っているのは、現段階の調査で関西地方の1軒が判明している。台数にして200台くらい」と説明された。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

経営者研修会全景

都遊協が遊技場経営者研修会

2018/10/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.