警察庁通知で現場に広がる安堵感と業界団体に募る危機感の乖離(遊技通信2015年8月号より)

警察庁が遊技産業健全化推進機構に対して行った検査要請を端緒に、いわゆる保通くぎと営業くぎの隔たりなど、業界各所で多くの課題を露呈させている。メーカー、ホール、販社など、遊技機の供給、流通、使用といった全ての関係者が先行きの不安感を抱くなか、警察庁は6月23日付けで新たな通知文書を発出した。通知では、遊技くぎ問題について「一般入賞口に全く玉が入らない仕様」を問題視したことで、業界内には落としどころが見つかったかのような安堵感が広がった。が、業界団体関係者からは「文書を曲解して、機構の通報猶予期間終了までなにも改善しないのが最悪のケースだ」という指摘が出ている。
 

固定ページ:

1

2 3 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.