連発される質問主意書

昨今、風営適正化法及び遊技業界に対する質問主意書が連発されています
 
質問主意書とは、国会法74条に基づき、「国政全般に関して内閣の見解をただす行為」です。委員会などの会議において詳細な答弁が期待できないことや、少数会派の議員は会議での質疑時間が確保されないことを理由に、文書による質問を行うわけです。誤解を恐れず言うなら、国政に関わることならどんな質問でも出してよいのです。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

全日遊連 高射幸性パチスロの設置比率規制の再検討へ

2018/11/1

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年11月号

2018-11
主な記事:

必要となる高射幸性機の取捨選択、画一化がさらに進行か
高射幸性機の15%期限迫るなか6号機の市場導入がスタート

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年10月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.