遊技機環境は秋以降で激変か。不透明要素が積み重なる展開に(遊技通信2015年5月号より)

今後の課題は旧基準機の設置期限と中古機流通への影響に
 
日工組の申し合わせ内容に適応しない機種の販売が10月末まで、パチスロのAT・ARTをサブ基板で制御する機種は11月末までとなり、この秋にパチンコとパチスロの双方の遊技機環境が変わることになる。新基準機の概要は見え始めているものの、旧基準の機種に設置制限が設けられるのか、あるいは中古移動できるのかなど、不透明な要素が積み重なっている。「のめり込み対策」としての実効性を求められる一方で、業況への影響を最小限に留めるバランスも必要という難しい舵取りを迫られることになりそうだ。
 

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチンコ、パチスロともに保通協適合率が微増

2019/11/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.