過渡期を迎える営業環境 強いられる変化への対応力(遊技通信2016年3月号より)

遊技くぎ問題への対応、撤去費用の捻出、パチスロも含めた新基準機市場へのソフトランディングなど、今後の営業戦略を考えるうえでの課題は積み重なる一方だ。さらに、パチンコの稼動下落が深刻化、比較論では好調のパチスロも安定感には疑問が残るなど、業績悪化は喫緊の課題であり続けている。流通制度も4月から新スキームに切り替わるなど、激動の2015年を経た2016年の前半は、業界全体が大きな変化の波に晒されることになる。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

10月のホール企業採用熱、過去5年の同月比で一番高い数値に

2019/11/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.