青年がなんとかしないと

遊技業界には、2つの青年組織があります。
 


ひとつは都府県方面遊協傘下の青年部会。全国で50ある都府県方面遊協のなかで、約半数の遊協で青年部会が組織されています。社会貢献活動を活動主体としているところが多いですが、なかにはセミナー開催を担当しているところもあって、青年部会活動の重要性は高まっているようです。数年前からは青年部会間の交流を深める意味合いもあって、全国遊技業青年部交流会(グループディスカッションが最近多いです)が輪番で開催されるようになりました。
 
そして、もうひとつが日遊協傘下の遊技産業新経営者会議。日遊協が横断的な組織であることから、メーカーとホール、販売商社など様々な企業経営者がこちらには参加しています。業界内外から講師を呼んで(不肖、私も講師を務めたことがあります)、勉強会を定期的に開催しています。
 
2つの組織は親組織の成り立ちからして性格を異にするものですが、どちらも遊技業界をもっと良くしよう、継続的に事業しようとする点では、目標が大きく違っているわけではありません。現実的に難しいのは理解していますが、2つの組織間の交流があったらいいのにと純粋に思ってしまいます。
 
こういう困難な時代に、業界が持続していくためには、両者が手を取り合わないのはもったいないとさえ考えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

SIS2018発表会

ダイコク電機「DK-SIS白書2018」 業界総粗利は3兆円割れ

2018/7/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年7月号

2018-7
主な記事:

有識者、関係者間での異なるスタンス 業界の方向性にも影響
「関係者会議」盛り込み依存症対策法が衆院通過

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年6月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.