2015/3/11〜2015/3/19

立体駐車場、津波避難所に(3月11日/読売新聞)
日本海に面し、津波の浸水被害が懸念される鳥取県の米子市新開西1区、西3区自治会は、地元のパチンコ店「ジャンボマックス米子店」の立体駐車場を避難所に使う協定を10日、同店を経営する三栄(本社・島根県松江市)と結んだ。両自治会は海抜5メートル以下と低く、高い建物も少ない。そのため、同社が東日本大震災から4年がたつのを機に、地域貢献の一環で提案した。津波発生時に安全が確認されるまで開放し、住民らは徒歩で避難する。
 
 
パチンコの玉屋が10万円寄付(3月11日/西日本新聞)
パチンコの玉屋の渡辺博春社長が10日、福岡市中央区・天神の在宅心身障害児者療育訓練施設やすらぎ荘福岡事務所を訪れ、10万円を寄付した。同社は毎年、社会貢献事業として、県内外に展開する16店舗の近くにある福祉施設計12カ所に寄付をしている。
 
 
マルホン工業、民事再生法を申請(3月13日/日本経済新聞)
パチンコホール向け遊技機器製造のマルホン工業は12日、民事再生法の適用を名古屋地裁に申請し、保全命令を受けた。申請代理人によると負債総額は約73億円。
 
 
福島県社会福祉協議会に80万円(3月13日/福島民友)
東北遊技機商業協同組合と中部遊技機商業協同組合は12日までに、福島県社会福祉協議会に80万円を寄付した。県内の児童養護施設に役立ててもらおうと、東北遊商が50万円、中部遊商が30万円を寄せた。
 
 
松本の元校長を停職2カ月処分(3月13日/信濃毎日新聞)
長野県教育委員会は12日、長野県松本市の市立中学校長だった当時、パチスロ店で別の客のICコインから現金を盗んだとして、県教育委員会の現地機関の男性主幹指導主事を停職2カ月の懲戒処分とした。
 
 
違法パチスロ店経営者を起訴(3月14日/福島民報)
地検郡山支部は13日、パチスロ機で客に金を賭けさせて賭博したとして常習賭博の罪で、福島県郡山市のスロット店経営の容疑者を起訴した。起訴状によると、同被告は2月21日ごろから同月22日までの間、パチスロ機を使って不特定多数の客に金を賭けさせ賭博したとされる。
 
 
遊技台壊し逃走、男性署員を戒告(3月14日/愛媛新聞)
愛媛県の上島町消防署の20代の男性署員が今治市のパチンコ店でパチンコ台を壊し逃走した問題で、上島町消防本部は13日、署員を13日付で戒告の懲戒処分にしたと発表。消防署によると、署員は休日だった2月26日正午ごろ、遊技中のパチンコ台のガラスを手でたたいてひびを入れ、逃走した。署員は3月3日に同店を訪れて謝罪、修理費用などを弁償した。
 
 
OGIYAと災害時協定(3月14日/南信州)
長野県飯田市は被災者・避難者支援を目的に、同市のパチンコ店「OGIYA飯田店」を経営する「大木家」(愛知県豊橋市)と災害時協定を締結した。災害時は同店の施設を一時的な避難所として使用し、店内に保管してある水や毛布など防災用備蓄品の提供を受ける。
 
 
玉越、名古屋東部の情報誌創刊(3月16日/中部経済新聞)
パチンコホール運営の玉越は、名古屋市の東部地域に特化したガイドブック「PLATINA PASS(プラチナパス)名古屋東部版」を20日に創刊する。第1弾は、飲食店や小売店、美容院など身近にある約80店舗を掲載。商品やサービスの情報を発信し、年間4回、更新する。割引サービスなどの特典付きで店舗の利用を促し、地域の活性化にもつなげたい考えだ。
 
 
県13億円支払い、業者と正式和解(3月17日/読売新聞)
産業廃棄物処理施設の設置許可を県が取り消したのは違法として、遊技場経営会社「名成産業」(名古屋市東区)が約16億7000万円の損害賠償を求めた訴訟の和解が16日、名古屋高裁で正式に成立した。県が同社に13億8600万円を支払う条件で、すでに補正予算案に計上し、可決・成立している。この訴訟では、1審・名古屋地裁が昨年3月、県に約12億3000万円の賠償を命じる判決を言い渡し、県が控訴していた。
 
 
仕事あっせん名目詐欺(3月17日/京都新聞)
米原署は16日、滋賀県米原市内の無職男性が、パチンコ店で「サクラ」の仕事をあっせんすると語る男に、保証金名目で現金100万円をだまし取られた、と発表。同署によると、男性が今月上旬、自宅に届いた仕事紹介を装うはがきに書かれた電話番号に連絡したところ男の声で「パチンコ店で指定された台を打てば出玉の換金分が給料になる。仕事をまわす前に保証金を振り込んでほしい」と指示があり、男性は12日、指定された口座に現金100万円を振り込んだという。
 
 
景品交換所で強盗、600万円奪い男逃走(3月19日/神奈川新聞)
18日午前9時半ごろ、神奈川県鎌倉市の雑居ビル1階のパチンコ景品交換所で、押し入った男が男性経営者を羽交い締めにし、現金600万円を奪って逃走した。大船署が強盗事件として男の行方を追っている。
 
 
元交際相手に無期判決(3月19日/読売新聞)
愛知県小牧市で2012年7月、元交際相手とその母親を殺害したなどとして、殺人罪などに問われた同市のパチンコ店員の被告の裁判員裁判の判決で、名古屋地裁は18日、求刑通り無期懲役を言い渡した。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

ホール企業の9割超が増収果たせず 帝国データバンク調べ

2018/12/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.