2015/3/28〜2015/4/8

パチンコ依存問題、その取り組み(3月28日/日刊ゲンダイ)
「日工組通信」の第5回として、日本遊技機工業組合の金沢全求理事長のインタビューを掲載。射幸性の抑制を目的とした日工組の申し合わせの内容に触れながら、「これまで、ゲーム性の多様化ということを意識しすぎていた部分がありました。しかし、幅広いゲーム性が行き過ぎた結果、ズルズルと、引っ張ってハズれるリーチにご批判をいただいたり、『どれが当たりなのかがわからず難しすぎる』という声もいただいています。(中略)そこで、現在楽しんでいただいている遊技機に加えて、初心者向けの遊技機や、『やめ時』がわかりやすい遊技機、羽根モノなど玉の動きを楽しむ遊技機、そして昔のヒット機種のリバイバル機などを開発し、幅広いファンの皆さまが安く手軽に楽しめる環境を作っていきます」とコメント。結びに、「サラリーマンの方々が安く遊べて、なおかつ短時間で興味の沸くゲーム性の機械もご提供していきます。一杯飲むお金で『きょうはパチンコでもやろうか』となるような大衆娯楽の姿を取り戻すために、日工組ではスピード感を持って取り組んでいきます」と述べている。
 
 
1円パチンコの玉、4円店で換金図る(3月29日/東京中日スポーツ)
1円パチンコ店の玉を4円パチンコ店に持ち込み、出玉を装って換金用景品と交換しようとしたとして、愛知県警東署は28日、詐欺未遂容疑で名古屋市昭和区の会社員の男を逮捕。東署は、景品を換金しようとしたとみて調べている。
 
 
客のメダル盗んだ疑い(3月30日/千葉日報)
成田署は29日、窃盗の疑いで住所不定の自称無職の容疑者を逮捕。逮捕容疑は26日午後1時45分〜午後2時ごろ、千葉県成田市のパチンコ店「パールショップともえ成田店」で、四街道市の会社員男性からメダル804枚を盗んだ疑い。
 
 
パチンコ店の駐車場で強盗(3月30日/埼玉新聞)
28日午後11時5分ごろ、埼玉県越谷市のパチンコ店「ハピネス」駐車場で、パチンコ店景品買い取り所のアルバイト従業員男性が男に拳銃のようなものを突きつけられ、現金約3000円などが入ったウエストポーチを奪われた。従業員男性にけがはなかった。
 
 
善都がキャンペーン第3弾(3月31日/中部経済新聞)
パチンコホールをチェーン展開する善都は30日、展開中の「FLY! ZENT」キャンペーンの3年目のテーマを「ワンモア、アクション」に決定。4月1日から来年3月31日まで展開する。
 
 
岡山市職員が置引(3月31日/山陽新聞)
岡山市は30日、岡山県倉敷市のパチンコ店で財布を置引したとして、保健福祉局の30代の主任男性を同日付で停職3カ月の懲戒処分にしたと発表。
 
 
パチンコ店駐車場で暴行の疑い(4月1日/東奥日報)
31日、暴行の疑いで、指定暴力団六代目山口系組長の無職の容疑者が逮捕された。31日正午ごろ、青森県八戸市のパチンコ店駐車場で、同市の男性会社員の胸を殴った疑い。容疑を否認している。現行犯逮捕。
 
 
善都、私たちの誓いを披露(4月2日/中部経済新聞)
パチンコホールをチェーン展開する善都は1日、愛知県豊田市のホテルトヨタキャッスルで入社式を開き、新入社員33人が配属地域別の5チームに分かれてパフォーマンス「私たちの誓い」を披露した。
 
 
「健康で元気な社会生活を」(4月2日/中部経済新聞)
パチンコホール運営の平成観光は1日、岐阜県多治見市のオースタット国際ホテル多治見で入社式を開催した。今年は38人が入社。東野房子会長が「元気な空気を、無我夢中で仕事を、プロを目指す、の三つを期待している。社会人の基本は健康。健康で元気な社会生活を送って」と激励した。
 
 
「爆発するぞ」金要求(4月2日/神戸新聞)
1日午後3時ごろ、兵庫県尼崎市のパチンコ店敷地内の景品交換所に、蚊取り線香と液体の入ったペットボトルを持った女が現れ、「爆発するぞ。金を出せ」と女性従業員を脅した。女は交換台の窓口からペットボトルと蚊取り線香を押し込もうとし、従業員が押し戻すと、女は逃走した。
 
 
パチンコ駐車場でひったくり容疑(4月2日/山口新聞)
山口署は1日、住所不定の無職の容疑者を窃盗の疑いで逮捕。容疑を認めているという。逮捕容疑は、3月31日午後10時5分ごろ、山口県山口市内のパチンコ店駐車場で、市内の清掃員の女性の現金約4万5000円入りの財布など5点が入ったショルダーバッグをひったくった疑い。
 
 
善都、2000億円の大台突破(4月3日/中部経済新聞)
パチンコホールをチェーン展開する善都は2日、2014年12月期決算を発表。昨年4月にオープンした全国最大級の店舗・名古屋北店や、同月、約30年ぶりにリニューアルした猪高店など、新店・改装店がいずれも好調で、既存店も堅調だったことから、消費税額を加算した営業ベースの売り上げが初めて2000億円の大台に乗った。前12月期の売上高(通常)は前期比11.2%増の1940億2700万円。新店分を含む新台入れ替え費用や新規出店に伴う人件費、広告宣伝費の増加などから、営業利益は18.6%減の55億6200万円、経常利益は21.8%減の49億100万円、最終利益は17.9%減の19億6600万円だった。
 
 
「多重債務の入り口」、パチンコ店内ATMを批判(4月7日/しんぶん赤旗)
日本共産党の大門実紀史議員は6日の参院地方・消費者特別委員会で、「客を深みにはめる」と批判されているパチンコ店内ATMについて、政府の対応をただした。大門氏は「パチンコ店内ATMでお金をおろすのは、負けた人だ。多重債務の入り口はまず自分の貯金を使い果たすことであり、その入り口に手を貸し、『のめり込み』に手を貸すことになる」と批判。さらに、ATM設置について「警察庁はお墨付きを与えたのか」とただした。警察庁の島根悟長官官房審議官は「法令で直接規制されているものではなく、そのような運用を始めるということを聞き置いただけだ」と答えた。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

ホール企業の9割超が増収果たせず 帝国データバンク調べ

2018/12/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.