2015/8/28〜2015/9/12

川崎駅東口再開発、パチンコ店規制を検討(8月28日/読売新聞)
川崎市川崎区のJR川崎駅東口再開発を巡り、パチンコ店や風俗店が新規出店できないよう、市が都市計画法上の規制を検討していることが27日、わかった。東口は、閉店した旧さいか屋川崎店などの行方が注目されており、再開発が進む前に規制することで、市の玄関口である駅前のイメージ向上を図る考えだ。川崎駅東口は、都市計画法の区分では商業地域で、本来、遊技場や風俗店などは出店できる。複数の市議や市幹部によると、商業施設ラ・チッタデッラの一部から川崎日航ホテル、旧さいか屋にかけての一帯について、同法の地区整備計画で用途を制限し、パチンコ店やキャバレー、ナイトクラブなどが出店できないようにするという。2017年夏頃に完成する駅北口周辺には、すでに同様の規制をかけているが、これを東口にも広げる形。既存の店舗は対象外だが、建て直しの場合は許可されないという。9月に住民説明会を開いた後、市の都市計画審議会で協議していく予定。
 
 
パチンコ玉4トン盗む(9月4日/東京中日スポーツ)
山口県警長府署は3日、下関市の解体作業場からパチンコ玉約4トン分(約8万円相当)を盗んだとして、窃盗容疑で山口県山陽小野田市の無職の容疑者を逮捕した。逮捕容疑は8月9日午後、下関市の解体作業場に2回侵入し、作業場にあった重機を使ってパチンコ玉を盗んだ疑い。トラックに積んで持ち去ったとみられる。長府署によると、パチンコ玉はすべて転売されていた。長府署はこの日の朝に同じ作業場から銅管約100キロを盗んだ疑いで8月24日に同容疑者を逮捕していた。
 
 
県警、パチンコ店・病院と連携(9月4日/産経新聞)
パチンコの景品に、振り込め詐欺被害防止グッズを。平成26年の振り込め詐欺の被害額が過去最高の約32億円に達するなど、高齢者が狙われる詐欺の被害は後を絶たない。手を替え品を替え高齢者をだます犯人グループに対抗するため、埼玉県警では高齢者の利用が多いパチンコ店との連携を図ったり、医師から高齢の患者に啓発チラシを渡してもらったりと、新たな手段を模索している。
 
 
パチンコ店の爆破を予告(9月5日/朝日新聞)
小倉北署は4日、北九州市小倉北区の無職の容疑者を威力業務妨害容疑で再逮捕。6月13日午後7時10分ごろ、「パチンコ店に爆弾を仕掛けた」などと110番通報し、店の業務を妨害した疑い。
 
 
公立中事務職員、店の壁蹴り損壊(9月8日/愛媛新聞)
愛媛県教育委員会は7日、パチンコ店の壁を蹴って穴を開けたまま立ち去り、書類送検された南予の公立中学校の40代の男性事務職員を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。
 
 
強盗致傷容疑、男を逮捕(9月9日/岐阜新聞)
岐阜県海津市のパチンコ店で、2日に発生した強盗未遂事件で、県警捜査1課、機動捜査隊、海津署は8日、強盗致傷の疑いで、海津町出身で住所不定、無職の容疑者を逮捕。逮捕容疑は、2日午前9時45分ごろ、同所のパチンコ店「太陽会館」に約40センチの脇差しを持って押し入り、女性店員と男性店長に「金を出せ」と脅し、抵抗した店長に右鎖骨の打撲などの軽傷を負わせた疑い。
 
 
パチンコ景品で詐欺防止(9月11日/埼玉新聞)
振り込め詐欺被害を食い止めようと、所沢署は所沢地区遊技業防犯協力会と協力し、パチンコ店の景品に被害防止用の自動応答録音装置を置く取り組みを始めた。自動応答録音装置は、電話の着信があると自動的に通話内容が録音され、相手側には録音していることを音声で伝える。家庭の電話機と電話回線との間につなぐだけで設置も簡単だ。所沢署生活安全課の後藤義高課長は「詐欺犯は自分の声が記録されることを嫌う。犯行を諦めさせる効果がある」と期待する。初期導入として各加盟店の景品交換所に3台用意した。後藤課長は「もうすぐ敬老の日。お年寄り本人でなくても子や孫がパチンコをして勝ったら、両親、祖父母にプレゼントしてほしい」と話している。
 
 
パチンコ店に刃物強盗(9月12日/岐阜新聞)
12日午前1時50分ごろ、岐阜県各務原市のパチンコ店「プレイランドMAX蘇原店」で、男が店長男性と従業員男性にナイフを突き付けて脅し、店内の金庫から売上金約10万円を奪って逃走した。店長らにけがはなかった。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロサミット写真

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

2019-9
主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.