5月号TOP COLUMNの補稿

今月号では、『需要創造』の考え方を紹介するとともに、「プレイヤー人口の回復」と「パチンコ・パチスロの本質」をリンクさせて考えてみました。
 
しかし、『パチンコ・パチスロをやってみたいと思わせる』ことは、現時点においてはとても難しい事柄になっています。なぜなら、世の中にはパチンコ・パチスロに関するネガティブな情報ばかりが出てますし、周りでやっている友人知人もいないでしょうし。

本誌では「スキルを競う競技会の開催」を提案してみたわけですが、一般社会(特に、未経験者)に「パチンコ・パチスロは、ギャンブルという括りになってるけれども、ゲームという一面もあるんだ」と気づいてもらうことが必要だと感じたからです。
 
タネを明かすと、これは中央競馬のメディア戦略に着想を得たものです。競馬というギャンブルであることをうまく隠して、サラブレット(馬)の血統を読むゲームであることを押し出してますよね。欧米では競馬場が紳士淑女の社交場であることも、ちらっと見せたりして。
 
つまりは、イメージづくりが大事なんです。
 
では、パチンコ・パチスロに置き換えてみるとどうしたらよいのか、それを考えてみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.