6月号TOP COLUMNの補稿

本誌では、行政講話を題材にしました。
 
行政講話を聞く(拝聴する?)ことが日常になっていることは普通ではないだろうと以前より思っていたので、そのことに敢えて触れました。しかも講話といっても将来像を描けるような前向きなものではなく、むしろ先生に叱られる生徒の図です。先生に毎回叱られる生徒としての遊技業界は、情けない限りではないでしょうか。「よくやってくれました」的な賛辞だけで終わる講話を、一度ぐらい聞いてみたいと思いませんか。
  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年11月号

主な記事:

インターネット投票で伸張する公営競技のV字回復顕著に
新型コロナ禍が拍車を掛ける「パチンコひとり負け」の構図

仕様の周知や運用など様々な課題も浮き彫りに
遊タイム各仕様で出揃う 市場への普及急速拡大へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.