遊タイムなど新解釈基準機をファンにアピール

「BiGMO PREMIUMⅡ」「REVOLA」などダイコク電機の情報公開端末に新たに搭載した新解釈基準機対応機能。
新解釈基準機のうち遊タイムは、時短も含む低確率時のスタートの規定回数で発動するが、STタイプの遊タイム機の場合、従来のデータ表示機では、ST(高確)回数も含めた大当り後の回数表示になり、規定回数に達しても遊タイムが発動しないといった問題が起こる。そこで今回の対応機能では、従来の大当り後のスタート回数に加え、遊タイム用に低確スタート回数を表示する機能「Wスタート」を新搭載。遊タイムまでの正確な回数を表示する。また、機種ごとの発動規定回数も表示するため、ファンの知識の平等性も保てる。さらに、遊タイムや突然時短に関連する履歴データなどで「ファンが遊技する理由」も提供。新たな遊技性を幅広く浸透させ、ファンが安心して楽しめる環境をつくり出す。

お問い合わせ ダイコク電機㈱ 各支店・営業所まで

https://www.daikoku.co.jp/

左下の低確スタートとスタートの表記部分が「Wスタート」

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

21世紀会決議の違反行為に中古確認証紙の発給留保と通報・確認システム

2020/10/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年10月号

主な記事:

緊急事態宣言解除後、回復傾向だった稼動も頭打ちか
第2波が直撃 厳しさ目立った盆商戦

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.