構造計算に基づいて進化した「大工マン」

ホール・ワークスの「大工マンEVOLUTION」は、プロの構造設計士と入替大工が開発したパチンコ台固定装置。2006年のデビュー以来、ホールの要望をとり入れて改良を重ね、全国で豊富な導入実績を誇る。上部と下部の4つの固定装置、盤面傾斜器、傾斜器の均一性を担保する校正器で構成する。上部と下部の固定装置はレバーをロックするだけで、台と枠を一体で瞬時に設置可能。傾斜取りの際は、固定装置に専用レンチをセットし、盤面傾斜器をみながらレンチを回すだけで正確かつ簡単スピーディな作業が行える。盤面傾斜器は0〜2.0分と2.5〜4.5分を測定できる2つの高感度特殊ガラス気泡管を採用し、傾斜器の基準となる校正器も構造設計士による他にない仕様が施されている。

お問い合わせ ㈲ホール・ワークス 048-222-2340

大工マンWEB用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

21世紀会依存問題フォーラム

21世紀会主催で初の依存問題フォーラム

2019/5/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年5月号

2019-5
主な記事:

中規模店舗も減少傾向に 規模の大小問わず厳しい展開へ
遊技場数は23年連続で減少 減少率も拡大し業容の縮小に一層の拍車

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.