遊技通信でみるパチンコ業界の60年

月刊遊技通信 遊技通信でみるパチンコ業界の60年
在庫あり
税込価格 5,400円
(本体:5,000円)
発売日 2011年11月10日
版型 A4変型
頁数 156ページ
支払い方法 クレジットカード 代金引換 銀行振込(先払い)

主な内容

2011年に創刊60周年を迎えたことを記念して、特別号です。大正末期から平成23年までの60年にわたる遊技通信の記事を、1年1ページでまとめあげ、さらに遊技業界に深くかかわった数多の業界人の声や、時代をつくり彩ったエポックメイキングな遊技機・設備機器の開発秘話なども掲載いたしました。

目次

60年間の出来事
「遊技通信」でみるパチンコ業界の60年
1951年(昭和26年)~2011年(平成23年)

記事再録
●玉式パチンコの始まり(昭和31年)
●対談~パチンコの創世期を語る(林吉太郎・伊藤嘉啓)(昭和30年)
●各界名士アンケート(回答者~古賀政男、林家三平、別所毅彦 etc.)(昭和29年)
●昭和61年のメーカーポスター
●ヒット商品開発レポート「フィーバー」(平成12年)
●ヒット商品開発レポート「データロボ」(平成12年)
●ホール建築の歴史(平成3年)
●遊技通信のこと
●広告コレクション

再取材レポート
●大正末期から昭和初期のパチンコ
●パチンコのルーツ
●雑貨景品の成り立ち
●周辺機器の発達
●「オリンピアマシン」から「パチスロ」へ
●ゴト「イタチごっこ」の歴史

エトセトラ
●特別号発刊にあたり
●漫画・昭和28年歳末景気パチンコ街
●スロット異聞
●昭和30年代集客ツールあれこれ
●沖縄パチンコ事情/上野村事始め
●昭和28年の4コマ漫画
●遊技場数及び備付台数推移
●ファン人口、市場規模推移
●広告索引・編集後記

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.