遊技通信2019年2月号

月刊遊技通信 遊技通信2019年2月号
在庫あり
税込価格 2,200円
(本体:2,000円)
発売日 2019年1月25日
版型 A4判
頁数 92ページ
支払い方法 クレジットカード 代金引換 銀行振込(先払い)

今月の記事

ギャンブル依存の文脈に沿って高まる批判 社会の目を意識せざるを得ない情勢に
取材系イベントへの規制強化が問うホール広告に対する新たな倫理観

目次

●レポート
遊技客が減少するなかでの受動喫煙対策
喫煙客の多いホールの不安と重い設備投資負担

●クローズアップ
・保通協のパチスロ適合率が3年連続でダウン
・パチンコ実機をオンラインで遊べる「nicohan」のベータ版が初公開
・依存問題対策で第三者機関「パチンコ・パチスロ産業依存対策有識者会議」

●レポート
東京都遊協の青年部会が脳科学の澤口俊之氏を招き勉強会
脳科学からみたギャンブル依存を解説

●個性派ホールREPORT
「ニューオオネ」(神奈川県秦野市)
全国からコアなファンが集まるレトロな「パチスロ専門店」

●クリスマス社会貢献レポート
今年も業界の有志が各地で物心両面の社会貢献活動を展開

●導入店レポート
フジコムの大規模空間除菌・消臭システム
快適空間を追求するつばめグループが「エレクローラー3000」を導入

●導入店レポート
日本ソフトインフラ研究センター「防災備蓄プロジェクト」
アークシティが防災備蓄を開始

●ニューススクランブル
・日工組が「みんなのパチンコフェス」開催発表
・同友会が高射幸性機に対する見解
・全日遊連組合員数調査で新規店振るわず
・同友会が受動喫煙対策まとめる方針
・広告協議会が社員総会 大島理事長再選
・ユニバーサルが業績を下方修正
・マルハン中間で減収増益に
・中国遊商が新年互礼会を開催
・日遊協が理事会と新年祝賀会

●トピックス
・オーイズミフーズがステーキ専門店
・マルハンが多様性とシナジーを目的にフォーラム
・アサヒディードが「増客」をテーマに方針共有会
・全商協がオレンジリボン運動の市民集会に参加
・八王子市内の3組合が社会福祉協議会に寄付
・正栄プロジェクトに被災者支援で感謝状
・エヴリ・チューンズが中小企業の総合展に出展
・ガーデンがオペラ歌手紅白対抗歌合戦を特別協賛
・ニラクが香港合弁会社でeスポーツ事業に
・心肺停止の男性を救った有楽従業員が表彰
・マルハンが北海道地震で5000万円寄付
・サミーネットワークス、来店分析ツールを追加
・大東洋グループが社内ハロウィンコンテスト
・太陽財団が総額2390万円を助成
・セガサミークリエイションがカジノ用筐体
・ダイナムがサンスリーとの共同開発機導入
・マルハン 日経「スマート経営」で高評価

●話題のホール・ホールオープン
・ARC(東京都杉並区)
・ABC清水町長沢店(静岡県駿東郡)

●連載
・明日の経営に役立つキーワード(瀬本博一)
・人事労務管理のQ&A(佐藤拓哉)
・アンガーマネジメント入門(山口順一)
・現場で役立つセキュリティ講座(鈴木成太郎)
・サカイ弁護士のパチンコ法律相談室(酒井孝浩)
・マンガ「パチンコ人事部日記」(小山賢二)
・ドラッカー理論超入門(二瓶正之)

●シリーズ
・トップコラム(本誌・伊藤)
・業界セミナーレポート
・新機種レポート
・新製品紹介
・インフォメーション
・ニュースクリップ
・プリペイドシステム・データファイル
・業況解説
・編集後記・広告索引

PICKUP CONTENTSピックアップ

「依存問題対策実施確認シート」、12月から運用開始

2019/12/4

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年12月号

主な記事:

列島を襲った豪雨・台風被害
度重なる豪雨と台風で各地のホールに甚大な影響
自発的な支援活動、多くのホールが立駐を一般にも開放/顧客・従業員の安全確保に課題/あらためて問われる企業の危機管理/業界団体やホール企業ボランティア/各地から寄せられる義援金

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.