全日遊連理事会、「改定21世紀会決議」の遵守を確認

全日遊連は5月14日、都内市ヶ谷の遊技会館で全国理事会を開催し、5月7日に改定された旧規則機の取扱いに関する21世紀会決議を遵守することを確認した。

理事会後の記者会見で阿部恭久理事長は、21世紀会決議の改定に至った背景として、新型コロナの第4波が各地で広がっている状況をあらためて示し、提案議題が賛成多数で決議されたことを報告。理事会出席者からは、21世紀会で決議する前に全日遊連の理事会で議論すべきという意見が出たというが、阿部理事長は「以前から述べているが、現在のように緊急事態宣言による休業要請が出ている時に、旧規則機の設置期間を伸ばすという話が漏れた場合にどうなるのかを考えた。我々ホール側にとってはメリットがある一方で、メーカー、販社には死活問題にもなりかねない話であり、それでも業界がまとまって要請しないと頓挫する怖れがあった。事前に相談する必要があるのはもっともだが、できることとできないことがあると考えた」と述べた。

また、ホール4団体(全日遊連、日遊協、MIRAI、余暇進)で旧規則機の取扱いに関する通報・確認システムを運営する誓約書確認機関の今後の役割については、「現状でまだ対象機種が外れていないところがあるので、引き続き行っていただくことになると思う」と述べたほか、「基本的に昨年のうちに撤去予定になっていた機種についての再設置は認めていない。また、高射幸性機についても当然、再設置は認めていない」として、これらが確認機関への通報対象となることを示した。

さらに阿部理事長は、検定有効期間が来年2月以降になる一部遊技機の取扱いについて、「これを前倒しして入替えてもらう努力を、メーカーの方で行う方向で話を進めている」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年6月号

主な記事:

新規則機への移行に向けた「最後の猶予措置」
旧規則機取扱いの21世紀会決議を改定 厳しい市場環境受け設置期限を延長

「遊技通信」1500号記念 通刊第15号(昭和27年2月25日号)再録

日本有数のビジネス街と観光地「新橋」「銀座・有楽町」「浅草」の変遷

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
オーイズミ 大泉政治代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年5月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.