依存症対策推進関係者会議が初会合、阿部理事長ら委員に

国会議事堂昨年10月に施行されたギャンブル等依存症対策基本法に基づき、内閣に設けられた依存症対策推進本部(本部長・菅義偉内閣官房長官)は2月20日、「ギャンブル等依存症対策推進関係者会議」を設置し、初会合を開催した。
 
関係者会議は、ギャンブル等依存症である者、その家族を代表する者、さらには関係事業者や有識者20人以内で構成し、内閣総理大臣が任命。推進本部による基本計画案の作成や施策の実施状況の評価結果の取りまとめの際に意見を述べる。

当日の初会合では会議運営規則案のとりまとめや関係者会議の委員の紹介、意見交換などを行った。 委員は下記の15名で、パチンコ業界からは全日遊連の理事長でパチンコ・パチスロ産業21世紀会の代表を務める阿部恭久氏が委員に就任。回復支援施設では、認定NPO法人ワンデーポートの中村努施設長らが委員に就いた。委員長には久里浜医療センターの樋口進院長が就任した。
 
ギャンブル等依存症対策推進関係者会議 委員(五十音順、敬称略)
▽阿部恭久(パチンコ・パチスロ産業21世紀会代表)▽岡﨑直人(学校法人敬心学園日本福祉教育専門学校精神保健福祉士養成学科専任教員)▽木所康夫(日本中央競馬会常務理事)▽黒沢幸子(目白大学人間学部心理カウンセリング学科/同大学院心理学研究科特任教授)▽小泉典章(長野県精神保健福祉センター所長)▽佐藤しのぶ(NFCRノンファミリーカウンセリングルーム 心理カウンセラー)▽田上啓子(特定非営利活動法人ヌジュミ施設長)▽谷崎哲也(日本司法書士会連合会常任理事)▽中村努(認定NPO法人ワンデーポート施設長)▽浜田節子(経済アナウンサー)▽樋口進(独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター院長)▽増田悦子(公益社団法人全国消費生活相談員協会理事長)▽松本恒雄(独立行政法人国民生活センター理事長)▽ユウ(ギャンブル等依存症経験者)▽吉倉和宏(一般社団法人全国モーターボート競走施行者協議会参与)
 
次回の関係者会議は3月上旬に開催。推進本部がこの4月にとりまとめ、閣議決定する予定の依存症対策推進基本計画案に関する意見交換などを行う。その後、計画案のパブリックコメントが実施される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

21世紀会依存問題フォーラム

21世紀会主催で初の依存問題フォーラム

2019/5/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年5月号

2019-5
主な記事:

中規模店舗も減少傾向に 規模の大小問わず厳しい展開へ
遊技場数は23年連続で減少 減少率も拡大し業容の縮小に一層の拍車

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.