依存防止対策調査の機構宛承諾書が4,400通超える

遊技産業健全化推進機構は12月4日、来年1月から実施する依存防止対策実施調査で必要となるホール経営者の「承諾書」の数が、同日までに4,400通を超えたと発表した。機構事務局では現在、提出された承諾書の記載内容の最終チェックを行っており、チェック終了後には専用ホームページで提出店舗のホール名と所在地を掲載する予定。第1回目のアップは12月20日を予定しており、約2,000店舗のデータを掲載する。
 
機構では10月中旬、21世紀会からの要望で制度化された全国のホールにおける依存防止対策への取組み状況を確認する調査を来年1月までに開始すると発表。その後、機構のホームページとは別に「依存防止対策調査専用ホームページ」を開設し、承諾書と調査実施要綱、定款等を掲載するとともに、全国のホールの管理者宛に関係書類を発送していた。
 
一方で全日遊連は、新たな依存対策として各ホールで記入・保管する「依存問題対策実施確認シート」の運用を12月から開始することを決め、確認シートと記入要領を11月下旬に各都府県方面遊協に送付した。確認シートは、機構によるチェック項目に対応したもので、いつでも機構の調査員に提示できるよう、従業員が閲覧しやすい場所に常置する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

新型肺炎感染拡大で業界内イベント延期・中止相次ぐ、新台納品に影響も

2020/2/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年3月号

主な記事:

解釈が揺れる「等」の文字が追加された意味合い
迷走する「ATM等の撤去等」問題 立場の違いによる対立の構図浮き彫りに

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年2月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.