全日遊連は4月28日、新型コロナウイルス感染症対策に伴うホールにおける全ての広告宣伝行為の自粛を、5月末まで延長することを各都府県方面遊協に連絡した。
 
広告宣伝の自粛について全日遊連では、政府からの緊急事態宣言期間が終了する5月6日過ぎを目処に社会情勢を踏まえて再度検討するとしていたが、5月7日以降の政府の緊急事態宣言の取扱いについて見通しが立たないことや、大型連休中の外出自粛等による感染者数の低減の効果が判明するのはそれから1週間から2週間後になることなどを考慮。連休明け直後からホールが集客目的を中心とした広告宣伝を再開することで、人との接触や移動の機会を促す行為に繋がりかねないことは慎むべきであると判断した。
 
取組みの終了時期については、5月31日頃を目処にその時点の社会情勢等を踏まえて検討する。

さらに全日遊連では、今後、緊急事態宣言や休業要請が解除された地域で営業を再開するホールにあっては、全ての広告宣伝行為の自粛等の対応をとるよう求めたほか、開店前の遊技客の行列への対応や店内の換気、除菌等の感染防止措置を引き続き継続するよう促した。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

保通協の型式試験、パチンコの適合率が今年最高水準に

2020/12/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年1月号

主な記事:

店舗の減少傾向に歯止めかからず寡占化や遊技人口の減少で「駅前1店舗」のエリアも
首都圏主要エリアの店舗推移

MIRAIが第1回経営勉強会
持続可能な産業をテーマに討論会

遊技通信創刊70周年記念対談・
株式会社オオキ建築事務所 大木啓幹社長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.