全日遊連の電気使用量調査 削減施策は一巡か

全日遊連がまとめた全国のホールにおける電気使用量の集計結果によると、2017年度におけるCO2排出量の推計値は約350万トンで、前の年度比で約2万トン、0.6%の減少に留まった。全日遊連が策定した「低炭素社会実行計画」の基準年度である2007年度と比較すると約121万トン、25.7%の減少となっている。調査対象ホール数は8,460店舗、有効回答ホールの割合は88・6%だった。
 
節電効率の変化を示す「原単位」では、営業所1平米当たりのCO2排出量は311.7キログラムで前年度比3.7キログラム減ったほか、遊技機1台当たりのCO2排出量も824.6キログラムで12.4キログラムほど減った。ただしその減少幅は小さく、全体のCO2排出量、台当たりのCO2排出量を大幅に減少させた14年度実績以降、3年続けての足踏み状態になっている。東日本大震災の発生を受けて各地のホールが展開した節電施策はここにきて一巡し、電気使用量の削減はホール数と設置台数の減少によるところが大きいことが示されている。
 
全日遊連は2007年度から始めた環境自主行動計画において、5年で15%のCO2排出量の削減目標を策定。区切りに設定された12年度におけるCO2排出量は、対象ホール数に換算した推計値で12.6%の削減に留まっていた。その後、新たに策定した自主行動計画「低炭素社会実行計画」では、2030年度までに07年度比22%の削減目標を設定したが、こちらは15年度調査の時点で前倒しで達成されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.